So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の3件 | -

拳銃所持 横綱大鵬 [スポーツ]

昭和の大横綱・大鵬が逝った。



平成25年1月19日の午後3時15分


病名は「心室頻拍」だという。



本名 納谷幸喜


享年72歳だった。







横綱大鵬が拳銃所持?!




1965年(昭和40年)の事であった。


圧倒的な強さを誇り、〝巨人 大鵬 卵焼き〟と称され、国民のヒーローであった横綱大鵬。


その大鵬がアメリカから密輸入した拳銃を所持していたのだ。


多くの人が耳を疑ったに違いない。




強さだけでなく、相撲に取り組む姿勢、振舞い、品格、全てにおいて模範とされていた大鵬幸喜。


その大鵬がハワイ旅行の際に「軽い気持ち」で拳銃を購入し、日本に持ち込んだという。


しかも、同じ力士であった柏戸や北の富士勝昭も同じく拳銃を所持していたことが発覚し、相撲界は荒れに荒れた。



ところが、大鵬らにとっては幸いなことに、逮捕・起訴はされず、日本相撲協会からの処分も「譴責」で済んだという・・・・・・。



ん~


軽すぎるような気もする。





もし、現在同じようなことがあれば「解雇」となるのでは?





しかし、時代は高度成長期。


長嶋茂雄と共に日本を象徴するヒーローであった横綱大鵬。


その大鵬を引退させることは、時代が許さなかったのだろう・・・・・・。




しかし、拳銃所持の件は残念だったとしても、大鵬が相撲史上に残る強い横綱であったことは間違いない。


そして、横綱大鵬は亡くなってはしまったが、この横綱の血を受け継いでいる男がいる。



そう


大鵬の三女の息子達だ。



大鵬の三女といえば、あの貴闘力と結婚したことで有名である。


オヤジである元貴闘力は野球賭博で相撲界を追放されるという残念なことになってしまったが、しかし、息子には罪はない。


賭博をしたとはいえ、優勝経験がある程の力士を父にもち、さらに祖父は大相撲史上最多の優勝32回を誇る大横綱大鵬。


これ以上のサラブレッドはいない。


既に、わんぱく相撲で対活躍しているという。




低迷する日本経済。


なんとしても復活しなければならない。


新しい日本の象徴として、大鵬の孫達が大活躍する日は遠くないのかもしれない。

柴田倫世 ロケット [スポーツ]

「まるでロケット」


メジャーリーガーである松坂大輔投手の嫁・柴田倫世さんが女子アナ時代について回った形容詞だ。

そう

柴田倫世さんのカップが、まるでロケットなのだ。


当時、公表していた3サイズ

バスト 88cm

ウエスト 62cm

ヒップ 87cm


これでは、高校出たてのウブな松坂大輔投手も、鼻血ブーだったろう。





ところが、この、まるでロケットのような柴田倫世さんのカップに異変が生じてきたという。

それは出産後のことだ。


そうだ。

ただでさえ、女性のカップは、子供を出産し、授乳がはじまると、デカくなる。

出産前はまるで洗濯板のようなカップであったとしても、けっこうデカくなる。


ましてや柴田倫世さん

ロケット級のカップ

それはそれはデカなるだろう、ということは容易に想像ができる。





だが、しかし

その巨大化は一般人の想像をはるかに超えるものだった


「まるでスイカ」

「まるで爆弾」

いやいや、

「まるで太陽」


それほどまでに巨大化してしまったらしい柴田倫世さんのカップ。


松坂大輔投手が肘を痛めたのも、その余りの重さに耐えることができなくなってしまったからなのかもしれない。

あるいは、松坂大輔が太ったのは、日頃あのカップを持ちあげていたことがウエイトトレーニングとなってしまい、筋肉が増加しすぎてしまったせいなのかもしれない。


しかし何はともあれ、松坂大輔投手の試練は続く。

がんばれ!大輔!!

松井秀喜 最新情報 [スポーツ]

あのゴジラこと松井秀喜が練習を止めた?!


信じられない最新情報が入ってきた。

現在、所属先が決まっておらず、来季のメジャーでのプレーを目指しているはずの松井秀喜が、ななんと練習をしていない?というのだ。


松井秀喜といえば、イチローと肩を並べる程に野球への情熱が熱い男だ。

真摯に誠実に練習に取り組んできた選手だ。


巨人から海を渡りメジャーに挑戦して10年

毎年オフになると日本で集中的に練習に励んできた。

何歳になっても、どれだけ実績を積み上げても、さらに上を目指して肉体を鍛え、技術の向上に努めてきた。





その松井秀喜が、今年のオフは未だに日本に帰ってきていない。

アメリカでも、来季に向けて、と思えるような練習はしていない様子だという。


ということは・・・・・・・

松井秀喜

ついに引退か?


松井秀喜 嫁


確かに、松井秀喜も今年で38歳

プロ野球選手として20年もプレーしてきた。

体力的にも衰えて当然と言える時期だ。

同期の黒田や、一つ年上のイチローなどは、まだまだメジャーで活躍しそうだが、彼らははっきりいって異常だ。

比べること自体が酷といえよう。





思い返せば松井秀喜は高校1年生の時から常に注目の的だった。

16歳の時から名門・星稜高校の4番を打ち、当たり前のように甲子園に出場するとの期待を背負ってきた。

星稜高校を卒業すると、巨人に入り、2年目から3番を任され、毎年、優勝を使命とされる立場でプレーし続けた。

そして、メジャーに言っても、あのヤンキースで中軸を打ってきた。


もう、疲れ果てたのだ。

加齢による肉体の衰えのみならず、度重なる故障とも戦い、松井秀喜は、もうボロボロになっているのだ。





これ以上、彼に期待することはできない。



ゴジラ松井

十分、夢を見させてもらった。

20年間、本当にありがとう

前の3件 | - スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。